我决定不再虚偽而勉強地表白自己多幸福。        つべこべ言いつつ、今年も、綴ります。


by danmeiaomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

賛否両論キャラ弁

子供は保育園に通っているので、普通の時にお弁当はいりません。
お弁当がいるのは、年に2、3回の遠足の時のみ。

子供2才ころには初めてキャラ弁を作りました。
そのころには、キャラ弁という言葉をよくテレビから聞かされて、日本人のママ達はすごいな~と思いました。
可愛いから、ついつい自分もしてみようと思いました。
毎日作るなら、とても無理ですが、年に2、3回のことですし、子供を喜び顔を見たかったです。

TVで見る限りでは、キャラ弁って、賛否 両論。
どちらというと、私は賛成のほうですね。
子供の好きなキャラクターに似せて作ってあげれば、子供の好き嫌いを無くすためや偏食が少なくなるというメリットだと思います。

ネットでいろいろサイトを参考して、本屋さんで立ち読みするうちにいろいろ勉強でき、とても役に立ちました。
美味しくて、可愛いのは目標。
キャラ弁用の道具は一つもありません。
あるのは100円均一の小さい細工用の小さいはさみだけ。
これはノリ切り用です。

キャラ弁って、実際作ってみたら、意外に簡単です。
少し手間をかかりますが、基本的に海苔とハムとチーズなどを道具にして、キャラクターを画くのです。
私の場合はいたずら気持ちが強いかもしれません。
やり過ぎたかな?
そんな時間もかかってませんし、考えながら作っていくと、自分も楽しくなっていきます。絵を描くのは好きな人と同じ気持ちです。

sharonさんは別の子供は見たら、自分のお弁当はあまり可愛くないと寂しい気持ちがあるという心配があるようですが、、、
それについて、確かに考えたことがありません。
可愛いお弁当を出さないお母さんは別のところに優秀で子供にいい思い出を残されます。

バイオリンの上手なお友達のお母さんに羨ましそうに見ている自分の子供がいます。
しかし、子供のこの羨ましい目のためにバイオリンを上手になる気持ちも、能力もありません。
でも、お母さんは可愛くて、美味しそうなお弁当を作ってあげますよ。
これで、充分だろうねと子供の気持ちを考えながらそう思っています。

たぶん、間違った自分もあるかもしれませんが。。。。。。
ここのスペースを借りながら、皆様の意見を聞きたいです。
よろしくお願いします。
[PR]
by danmeiaomi | 2008-11-05 10:35 | danmei/つべこべ話